マイナビ看護師 安心 転職 求人




「マイナビ看護師」が2年連続で転職サイト総合1位に輝くにはわけがあります。

それは、ほかのどこにも真似のできない情報量と、独自のネットワーク

キャリアコンサルタントの支援サービスは無料で利用できるのはもちろんのこと

強みはその内容の充実度にあります。







今ある職場環境に納得いかないあなたも

やむを得ない事情で退職し、新たに職場を探さなくてはならないあなたにも

「マイナビ看護師」はきっとお役に立てるはずです。



↓まずはこちらから登録してお気軽にご相談を↓



マイナビ看護師3つのポイントは「安心・納得・簡単」

1 安心
専門のキャリアコンサルタントは、しっかりとお話を伺ったうえであなたに合った職場をあなたの代わりに探してくれます。
そして、ご登録から内定まできめ細かにサポートします。
 2 納得
病院側の採用担当者だけでなく、現場の看護師からもしっかり職場の状況を聞くなど
実際の職場環境を把握し、自信を持ってあなたにお伝えすることができます。
3 簡単
ご登録は1分で完了!複雑な手続きはありません。

来社いただいての転職相談会(面談)はもちろん、
地方在住や多忙な方には、お電話やメールでの求人紹介も実施しています。



「マイナビ看護師」の大きな強みは、何と言っても情報収集力の高さ。


「マイナビ看護師」はご希望に合った求人をご紹介するために、求人の数だけでなく、その質に徹底的にこだわっています。


そのために、キャリアコンサルタント自らが担当エリアのさまざまな病院に足を運び、自分の目で直接、病院を見学し、看護部長や現場スタッフにヒアリングを行っています。


このようなサポートの充実が、利用者の満足度96%という数字に現れているのです。

最速一週間程度で転職することも可能です。



なるべく早く就職先、転職先を決めたいという方へ

「マイナビ看護師」のメリットは「キャリアコンサルタントの活用」これに尽きます!

働きつつ、転職のための就職活動を行うことは
情報の収集もそうですが、そもそも活動そのものができないのが現実でしょう。


ではキャリアコンサルタントがどのようにして転職活動を手助けし
スムーズな転職を成り立たせるのか

実例をモデルにした経緯をご覧ください!



Aさん(31歳)の場合

Bさん(24歳)の場合

埼玉県内の総合病院で看護師をしているAさんは、働いている病院が経営不振により就業条件が悪化したことに伴い、
これを機に東京の先端医療を扱う病院に転職することで、キャリアアップを図りたいと考えてているが
希望する循環器系のレベルの高い病院で、なおかつ働きやすさを求めるとなると、働きながら探すのは困難だろうと考えあぐねていた。



-------------------------------------
-------------------------------------

1日目

登録フォームから「マイナビ看護師」に登録!

さっそく電話があり、キャリアコンサルタントと相談。
自身の置かれている状況から、東京での転職先を見つけるのが難しく、また、東京へ行ける日も1日しか取れない旨を伝え、転職先に希望する条件などを詳細に伝える。

2日目

資料が速達で到着。

キャリアコンサルタントが要望に応じて厳選した候補の病院の求人票や資料などが速達で送られてきた。
資料に目を通したところでキャリアコンサルタントとの2回目の電話面談を行い、各病院の特徴や選んだ理由、長所短所含めて丁寧に説明を受ける。

3日目

時間をかけてじっくりと資料を読み込み検討した結果、キャリアコンサルタントの勧めてくれたA・B・Cの3つの病院に絞り込み、その旨をキャリアコンサルタントに連絡する。

4日目

キャリアコンサルタントより連絡あり。

3つの病院いずれも書類選考を通過したことと、上京予定の1日で3つの病院すべてを回れるようにスケジュールを組んでくれた。との内容。


6日目

面接を明日に控え、前日の日勤を終えた後にそのまま東京へ向かい、ホテルに泊まる。


7日目

AM9:00キャリアコンサルタントと駅で合流し、面接に同行してもらう

10:00 A病院の面接
13:00 B病院の面接
14:30 C病院の面接>

かなりの過密スケジュールだったが、キャリアコンサルタントの同行があったことと、周到な準備のおかげもあり、無事にすべての病院の面接を終えることができた。


9日目

キャリアコンサルタントより、A・B・C3つの病院全てから内定を得た。との連絡あり。

AとC病院の条件がよく迷ったが、最終的にA病院への入職を決めた。
決め手は教育制度の充実と職場の雰囲気、適度な残業時間などだった。

10日目

B・C病院への内定辞退の連絡はキャリアコンサルタントが代行してくれた。

A病院との交渉も手助けしてもらった結果、これまでの専門分野の経験を評価されて職能手当を上乗せしてもらった。

最終的にA病院への入職が決まった。

新卒で都内の総合病院に入職したものの激務により心身ともに疲れ、2週間前に退職。

体調も良くなりできるだけ早い復職を決意し、求人広告を頼りに決めた病院に応募しようとしたが、本当にこの選択で良かったかどうか正直言ってわからない。

出来るだけ情報を得て後悔のない転職をしたいと考えていた。


--------------------------------------
--------------------------------------

1日目

登録フォームから「マイナビ看護師」に登録!

さっそくキャリアコンサルタントから連絡あり。
1時間後、来社してキャリアコンサルタントと初めての面談。希望条件に近い病院の求人を多数提示される。
検討した結果、その中から希望条件に合う2件の病院に応募することに。

希望条件の大きな2つは「離職率の低さ」と「教育プログラムの充実」の2つ。


2日目

キャリアコンサルタントに「推薦状」の作成と2つの病院への応募手続きを代行してもらい、さらに病院に、面接希望の旨を伝える電話を掛けくれた。

数時間後、2つの病院からいずれも書類選考を通過したとキャリアコンサルタントから連絡あり、さっそく明日面接してもらうことに。

そして、両病院の面接案内と共に「過去の面接の傾向と対策」がメールで送られる。


3日目

A病院・B病院の面接

キャリアコンサルタントは面接にも同席してくれた。
面接後、実際に病院で働いている看護師さんも交えて会話したり、病院・看護師寮などを見学。
面接は「傾向と対策メール」のおかげでスムーズに進行した。


4日目

キャリアコンサルタントよりA・B病院より内定の連絡がある。

その後、キャリアコンサルタントより送られてきた両病院の「採用通知書」と「採用条件書」の内容を確認。
両病院それぞれに「看護師寮」への入寮がすぐに可能かを確認してもらう。

しばらくして、キャリアコンサルタントより「即入寮可能」との連絡あり。


6日目

実際働いた場合の残業時間の多さや教育環境、寮の周辺を含んだ生活環境等を比較し一日じっくり検討した結果、B病院への入職を決めたので、その旨をキャリアコンサルタントに告げる。

B病院への内定受諾の連絡とA病院への内定辞退の連絡両方共にキャリアコンサルタントが代行してくれた。















この様に「マイナビ看護師」のキャリアコンサルタントはあらゆることを代行してくれるので
もう、メリットしかありません!

まとめるとこういった3つのメリットがあります。

1.人気求人の紹介!

毎年1万人以上の看護師が利用している「マイナビ看護師」は長い歴史の豊富な実績から、新規、中途で実際に入職されたナースから評判の良い病院などを中心に求人をご紹介しています。

2.スピードの早さ!

経験豊富な医療業界専門のキャリアコンサルタントが100名近く在籍している「マイナビ看護師」ならば
「なるべく早く転職先を見つけてほしい」「目星をつけている病院にすぐに応募したい」
などの要望にもスピーディー対応できます。もちろん妥協はしません。納得行く転職ができますよう全力でサポートいたします。

3.交渉の代行

内定をもらった医療機関との様々な交渉、これは助かります。
例えば入職時期や就業希望条件などは、自分ですることは慣れないだけに難しく、精神的にも苦痛を伴いますので、
こんな時こそ入職時の交渉をキャリアコンサルタントに代理で行ってもらうメリットがあるのです。

マイナビ看護師のシステムって。どんなもの?

マイナビ看護師などの転職仲介会社(以下コンサルタント会社)は、どのように運営されているのかは気になるところです。
それは、利用者が仲介料を支払っていないのに、会社はどうやって収益を上げているのか
何処から報酬を受けているのか、それがわからないと利用者は不安になるでしょう

通常コンサルト会社は求人を募集する企業(病院など)から収益を得ています。

応募者は求人を紹介してもらえて、コンサルト会社は応募者を企業へ紹介する見返りとして、
報酬を得ます。企業側はハローワークなどに求人を出す際、年齢や性別などでの
制限が出来ないこともあり、かならずしも希望する人材が集まるとは限らない為、

希望する人材を事前に伝えておけば、それに類する
応募者を紹介してもらえるコンサルト会社に依頼すれば手間隙がかかりませんし、地域限定より
幅広く応募者を探せるので、お金を払ってでもメリットは十分にあります。
この様に、「応募者」・「コンサルト会社」・「企業」
言い換えれば「あなた」「マイナビ看護師」「病院」・と三者三様にメリットがあるというわけです。

さて、企業(病院)が「コンサルタント会社(マイナビ看護師)」に払う成功報酬はどのくらいかというと、これは「必ず幾ら」などの条件も法律もなくて、
例えば、報酬を安く抑えたい企業側が年間に採用する人数を約束するなどの条件を提示して
いるかもしれませんし、獲得するのが難しい人材や人気の職種(医療系やエンジニア)
などであれば、成功報酬を多角する必要もあるかと思います。

そういった理由から、コンサルト会社と企業の間の取り決め次第といえます。

ただ、ある程度のガイドラインはあるようで、主に成功報酬は、採用した人の年収の15%〜30%前後と
言われており、これはけっこうな金額だと思います。

 
では
利用者が紹介で就職した場合、報酬としてその方の給与の一部が支払われるのであれば、実際の給料は安くなってしまうのではないかという疑問がわきます。

この場合もケースバイケースです。雇われる際に給料が安くなると言うことは、
応募者にとっては不利益ですから、そのような信用を失うことはしません。

その代わり、例えば、求人に「年収300万〜500万」などの幅が開いている場合は、勿論、応募者の年齢や経験によって判断も分かれるかもしれませんが、足元を見て「こいつならば逃げないだろう」と言うことで、雇用される際の
給与が下げられる事もはあってはならないことです。
基本現状の看護師事情はは完全に「供給不足」ですので、企業側はこのくらいの報酬を支払わないと人材を確保できないという事情があります。


「ピンハネされるのではないか」
そのような心配から、個人で連絡して応募しに行くのが良いかというと、それもまた難しいことです。

コンサルタント会社に支払う報酬には「書類審査」をする労力も含まれていると言ってもよく

企業にとっては「お金を払うのは手間隙を避ける為」と言う姿勢もあるので、「書類審査」をコンサルト会社に依頼している場合が多く、個人で応募しにきても審査をする余力がないので応募を断られる可能性があります。


たしかに、外部から応募されてくる人と、人材紹介会社から紹介されてくる人の能力に大きく差が生じるわけでもないのですが、企業側もコンサルタント会社との取り決め上、外部から人材を取ることが難しいという事情もあります。

企業とすれば、良い人材を確保するのが最優先ですが、
人材確保をコンサルト会社に依頼していると言うことは、それだけお金を払い、多くを任せているわけです。

また、コンサルト会社によっては、単に応募者を紹介するだけではなく、
基礎的な社員教育を行うコンサルや看護士意外にも事務員などの紹介を行っているところもあるので、仮に外部から応募があったとしても「コンサルト会社を通して」と言われてしまう可能性があるのです。

「ハローワーク」などに載らない「非公開求人」というのが存在するのはこうした理由があるわけです。

もうひとつ
この「非公開求人」というのが存在する理由としては
企業の募集人員が少なく好待遇の為、転職情報には応募が殺到してしまうと業務がストップしてしまいかねず
なにかと弊害が多いことから、
非公開求人という形にして、看護師転職サイトに委託しているところが多いという事情があります。

マイナビ看護師にはこういった理由の非公開求人数も多いですね。



看護師の転職で失敗しないために必要なことは?


1.自分の希望を明確にしておきましょう!


看護師のお仕事といっても勤務先によって働く時間も内容もさまざま。もちろんお給料も違います。

あなたが看護師としてどういった職場で働きたいのか、またはどういった仕事がしたいのかという希望を明確にしておいた方が仕事探しはスムーズに行う事が出来ます。
仕事の内容だけではなく働く条件にこだわるのも有りですので、例えば正社員希望、パート希望、夜勤の有無や週に何日御休みが欲しい、午前中のみの勤務希望等を具体的に整理しておきたいところです。
「マイナビ看護師」はそのための情報収集のためにも使えます。

まず「マイナビ看護師」に登録し、どんな条件でどんな職場があるのかをまず調べるために資料を請求するのも一つの手です。 
「こんな職場もあるのか」と新たな発見があるはずです。

2.インターネットでは自分の条件に合った仕事を簡単に探せます

最近の傾向としては、インターネットで求人を探す人の方が圧倒的に多くなっています。昔は求人広告やハローワークに通って仕事を探すというのが一般的でしたが、インターネットならばお金もかかりませんし時間を有効に使え、なにより自分の条件に合った仕事が簡単に見つけられるはず。
「マイナビ看護師」に登録すればハローワークでは出てこない求人を探せるので、ご自身の時間を使って情報収集に役立ててください。


3.複数サイトに登録するのも一つの手段です

看護師専用の転職サイトへの登録は、1つのサイトに絞るよりも複数サイトに登録を行う方がいいでしょう。
理由は、看護師転職サイト(コンサルタント会社)ごとに、契約している企業(病院)が違うことがあるからです。

会員登録は無料ですし、短ければ1分ほどで終わる場合もあるほど簡単な手続きなので、手間を感じることはほとんどありません。
余りに多く登録してしまうと情報過多となるかもしれませんが、やはり2つは登録したほうがよさそうです。

その一つに「マイナビ看護師」はおススメです。



複数のサイトを利用することで、より多くの求人の中から自分に合った応募先を選定することができます。
少なくとも2サイト以上には登録しておきましょう。




働きやすい職場はきっとある




一昔のような報われない重労働のイメージも、情報開示の普及によっていくらか改善されてはいるものの

厳しい環境であることに変わりはありません。


安心できる環境での就職を希望している方、長いブランクの後の職場復帰を考えている方、また現在の職場環境を変えたいと望んでいる方は多いはずです。


そして、同様に病院側もまた慢性的な人材の不足であることも事実で
そうした受け皿が多いものの、それを見つけるのは個人では困難です。


そんなあなたの橋渡しを、「マイナビ看護師」ならできるのです。

転職の意志はなくても「とりあえず登録」を勧めるわけは?

マイナビ看護師は俗に言う「転職サイト」ですので、多くのご利用者は転職を前提にご利用いただいていますが
それと同じくらいの割合で、「とりあえず登録」なさっている方も実は大勢いらっしゃいます。

ではその目的は何かと言うと
それは「情報収集」であったり「転職する気になった時の保険」であったりとさまざまですけど

「とりあえず登録するだけ」はとてもお勧めしたいことです。

その理由を挙げて行きます



----------------------------
----------------------------

通常、紙面の求人広告やインターネット上の求人広告は、あくまでも「一方通行」の情報提供になる傾向にあります。

「マイナビ看護師」の転職・復職支援サービスで行う求人紹介サービスは
それとはまったく違う観点からご紹介している部分が多いです。

それは、実際にご利用者(転職希望または現在の就業状況に不満または不安をお持ちの方)が本当に知りたい事は、
「職場の雰囲気」であったり「看護師の定着率」「実際の残業時間」といった、求人広告では通常明かされない情報であることが多く

そう言った情報提供は看護師業界、その他の医療関係に深くかかわるキャリアコンサルタントの存在があって
初めて成り立つことなのです。

常に情報を取得、提供をしてるキャリアコンサルタントは様々な人と関わり会っているので
思いもよらない事、求人情報を教えてくれることが少なくないので「こういう環境もあるのか」と驚かれることはとても多いと言います。

実際、看護師の資格を盛っている方が働く場所は病院だけでなく、
様々な施設、環境があり一般企業の仕事なども含まれています。

なので「とりあえず登録」することでそう言ったことを知る機会が得られるのです。

もちろん料金が発生する心配はございませんのでご安心ください。

もうひとつ、相談相手としてもとても心強いのです。



ご利用者の多くは何かしら悩みを抱えた状態であることが多いので、そういったご相談に乗るにはもってこいの相手。

時には、表だって見えてこない病院の経営状態などがわかることがあります。


知らない間に経営が悪化し、それが従業員には隠されているということは良くある話で
現在毎日働いているその職場でも起こり得ることなのです。

キャリアコンサルタントにとっても、
あなたがいつか転職を考える日が訪れるかもしれないその時には力になれるかもと思っていますから、親身になって応えてくれます。

そう言った意味でも、「とりあえず登録」だけでもしておいてください。

「日本最大級のネットワーク」を誇る「厚生労働大臣認可」の支援サービス


  

↓まずはこちらからお気軽にご登録を↓



ブランクナースを応援しています



ブランクのある看護師は貴重な人材です

慢性的な人材不足の看護師業界では、結婚や出産を期に看護師を退職された「潜在看護師」の獲得に力を入れております。
「潜在看護師」とは、看護師の資格を持ち看護師として働きながらも子育てや介護などの理由で離職し、現在働いていない看護師。厚生労働省の推計では約71万人いると言われている文字通りの「潜在」している看護師のことを言います。

団塊の世代が後期高齢者になる2025年には、医療・介護の分野で看護師は200万人必要とされていますが、現在154万人にとどまっているため、この潜在看護師の発掘する(現場に復帰していただく)ことが当面の人材不足を補うためのもっとも近道で現実的な方策とされ、これをどう進めて復職に結びつけるかが人材確保のカギとされています。
そこで「マイナビ看護師」をはじめとする看護師転職サイトを運営する会社が今、潜在看護師を発掘するための重要な役割を担いつあるのです。

日進月歩の医療技術の進化を目の当たりにしなが仕事をし続けてきたあなた方のことですから、長かろうが短かろうがブランクを置いてしまうと、進化した医療技術や知識に「ついていけないのではないだろうか」と思うのが普通だと思います。

しかしそんな心配は無用です。

今まで培った知識と実績を生かせる職場は必ずあり、それを求めている企業がたくさんあります。そしてそれを探し出し、あなたと企業の架け橋となれるのが「マイナビ看護師」なのです。

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師


今、復職を目指す看護師に向けての、「支援セミナー」を開催する病院も増えてきました。
また、日本看護協会が各都道府県で行う「再就業支援研修」など行われていますので
復職を考えている方は一度受講してみてはいかがでしょうか。
「セミナーでは看護の動向や技術について、最新の情報を得ることができました。」「採血など、自信のなかった手技の練習もさせてもらえてとても有意義だった」。
「セミナー開催病院に勤務する現役の看護師さんによる講師で、現場の話もいろいろ聞くことができ、とても勉強になった」
「自分に自信が付きました」など、参加者の多くからこのような声を頂きました。

----------------------+
「復職者プリセプター制度」というシステムも最近よく耳にするようになりました。
プリセプターと呼ばれる職員がブランクの有る看護師を再教育ながら実務に慣れさせるというもので、この制度のある病院なら、時間をかけて知識を確認できるというわけです。。
例えば、実務経験が4年しかなく、ブランクも長かったという方がいらっしゃいました。「仕事についていけるかとても心配していましたが。プリセプターがついていれば、不安な点もチェックしてもらえるし、わからないことはすぐに聞けて、とても安心できました。」とのことです。
人手不足な職場などによっては復職初日から即戦力として扱われることもあるわけですから、自分は不安だとしても、なかなか言い出しにくい雰囲気がありますから。
この制度を導入していることによってはっきりとその不安を解消しながら働けてるので、例えば就業規則やシステムなどについても聞くことができるので、より早く職場になじめるのではないでしょうか。

-----------------------------
当然のことながら、未経験の科に勤めると、まったく新しい知識を一から覚えることになり、現場から離れていたことも重なって、かなり苦労するのではないでしょうか。
全科を通して応用でき、一度勉強したことでもある基礎知識は、記憶に残っている部分も多いでしょう。しかし、科ごとの専門知識は勤務するなかで学んでいくことがほとんどだと思います。
復職する際、知識・技術面での不安は必ずついてくるでしょう。
働いたことのある科なら知っていることも多く、仕事をするうえでの安心感につながるはずなので
勤務経験のある科を選んで復帰したという方も多いので、そのように勧める傾向にあるようです。これらを参考に、自分に合った勉強法や仕事復帰しやすい職場を見つけてくださいね。

一言転職といっても、様々な事情があるようです


WEBの掲示板に投稿された中から抜粋します。
いずれも看護師として働いており、様々な事情から転職を考えながら悩んでいる方達ばかり。




・今の職場が辛くて、転職を考えています。
通勤に車で1時間近くかかること、仕事以外で会議や集まりが多いこと、上司とも折り合いが悪く今の職場に苦痛を感じています。辞めるにあたってもできるだけあとくされなくスムーズに事を進めたいし
また、シングルマザーで子供が受験生なので早く就職したいです。退職前から次の就職口を見つけておくことは可能ですか?

・25歳の看護師ですが転職を考えています。
看護学校を卒業してすぐに働き始めた病院ですが、最近師長からの嫌がらせがひどく、ストレスでおかしくなりそうで、不眠症になりつつあります。最近他の病院への転職を考え始めたのはそのためです。「ここの病院はこんな感じだよ」とか、中で働いている人が感じていることを知る方法などはないでしょうか?

・看護師として働いていますが、転職を考えています。働き始めた翌年から夜勤が増え、体調を壊してしまうことが多くなってきたかです。
できればあまり勤務体系に変動がなく週4日くらいで働けるところを希望しています。 美容整形や、美容系の皮膚科などで勤務してみたいですが、看護師の勤務条件など、詳細を確認できる媒体や情報紙を得る方法はないでしょうか。
また、病院、診療所の情報が沢山載っている看護師求人情報を教えていただきたいです。

・看護師です、転職を考えています。
現在の職場は小さな診療所で、お給料は基本給と交通費という名目で頂いていますが、給料明細は月々ではなく年一回にまとめて渡されます。毎月給料が違 い、何故かと思い、給料明細を見たら基本給が毎月違うので驚きました。おまけに当番医が日曜にたまにあるのですが、その手当がついてません。
基本給が毎月違う事を思い切って聞いてみたところ、休日が多かった月は少ないよ??と言われ返す言葉がありませんでした。正社員です。パートではありません。
連休のある月と、そうでない月の給料差が4万円位あるのでその為に節約しなければならず、それがかなりのストレスです。看護師が私しかいなくてしかも正社員は私が初めてらしく、私が辞めてしまうと注射など定期的に通院している患者さんにはとても迷惑がかかります。先生は注射が苦手で失敗することが多く、私が都合で休む場合は注射は一切しません。このような環境ですがわたしも生活がかかっているので転職を考えています。
事を荒立てずにうまく転職する方法はないでしょうか。

・33歳看護師です。転職について質問です。
2年前に民間病院から都立病院に転職しましたが、年収は民間にいたころに比べ約50万円近くも少なくなり、来年さらに減給が決まっています。休日数、 勤務時間にも大差はなくて、正直今回は失敗したと思っています。
なのでできるだけ早くに民間病院に転職したいと思っています。
都立病院への転職した時は知り合いの方に紹介だったので、給与の条件などを交渉する事もできなかったことを公開しています。次はちゃんと自分の希望にできるだけ合った病院で働きたいと思ってるのでこのような場合、どのような形で転職先を探すのがベストでしょうか?

・看護師ですが転職を考えています。
病院勤務20年ほどを経て二年前から施設ナースとして働いています。一人一人と毎日じっくり楽しく関われることに楽しさとやりがいを感じていましたが、今はもう 辞めようかと毎日考えています。
原因は上司のパワハラと言いますか、何かと責められ理由すら聞こうとしません。それが毎日重なりストレスで、1年前から体調も悪くしてしまいだいぶ痩せました。このように悩んだまま嫌な気持ちのまま続けており、この気持ちで働 いてお金を頂くことに罪悪感を感じるほどです。残るメリットとしては休みが多く給料的にも働きかたとしても一番理想であること。それだけです。引っ越しを期に施設に就職し、田舎でなかなか、働きたい病院もなくだらだら続けています。同じ看護師で経験も長い方のご意見をお聞きした いです。


この辺りに方々は、どうやってこの状況を替えたらいいのか、その方法からすでに悩んでいます。
こういったことは「マイナビ看護師」のコンサルタントの得意とするところで
不特定多数の意見を求めるよりも間違いなく近道です。



・23の看護師です。転職を考えています。
現在総合病院勤務で、看護師2年目です。給料は額面22万で手取りが16万位。福利厚生は一通り揃ってます。賞与は4.0です。夏休み等 の休暇もなく、年給消化率にあたっては、10%未満です。
さらにこれから先、経営難を理由に給料カットを検討しているそうです。(給料表そのものの削減)
将来的に不安ですし、先輩方は若いのになんで転職しないの?とか、他の病院の看護師からも時々哀れみの目で見られます笑
そこで、ド田舎の病院に転職しようと思ってます。長期療養型の病院で福利厚生は一通り揃ってます。基本給こそ20万止まりですが、看護師手当てで20万の額面40万の病院です。賞与は2.0なので少ないですが、この歳で額面は40は魅力です。
デメリットはほんとにコンビニもないような田舎ということです。
これってどう思いますか。


こういう方は既にある程度結論を出しているようですけど、情報が揃っていないからかこれが最適なのかを自身で判断できていないようです。
「マイナビ看護師」に登録して情報を集めて検討してからでも遅くはないかと思います。


・都内で転職先を探しています。ケアマネージャーの資格も取得していて幅広く転職先を検討 したいと思っています。だいたい1〜2ヶ月の間には転職できればと考えています。そこで質問なのですが、看護師の転職サイトは幾つかありますが、どこがいいでしょうか?

この方は、すでに転職サイトが有効であろうことを察しているようで、その中からどれがいいかを迷っているようです。
転職サイトごとに提携している病院が違うことが多いので、2つほど登録しておくことをおススメします。


・日本赤十字社都道府県支部に応募しようかと思っています。病院事務からのスタートだそうですが給与や仕事の内容を詳しく知りたいです。
特に、年々どのくらいの昇給しているのかが気になります。9000円くらいですかね。

「マイナビ看護師」の強みは、興味のあるその病院の内部の状況を聞き出すことができることです。
こういう方こそ利用すべきだと思います。



・保健師募集の新聞広告(折り込みチラシ)を見た群馬の人へ。いい案件ありましたか?あったら教えていただきたいです。
知人の保健師で職安に行くほうが良いと言う人もいますが、新聞の募集をみて保健師になられた地元(高崎市)のかたの経験談など歓迎します。

・看護師求人転職サイトで都内(国分寺市・日野市・八王子市・武蔵野市・立川市)で条件の良い求人情報を持っていそうなのはどちらでしょう?
また、常勤で日勤だけの職場に転職したいと思っています。
担当者との相性もあると思いますがオススメあったら参考にお聞かせいただけると幸いです。

これらの場合、かなりスポットが絞られているので
「マイナビ看護師」に登録すれば、非公開の求人も含めて、ほしい情報が手に入ると思います。
その中から気に入った病院との交渉なども請け負ってくれますよ。


・看護師の転職について悩んでいます。
育児の為に、ブランクがあるのでサポートしてくれる求人サイト等の利用を考えていますが
求人サイトの数も多くどのサイトがいいか迷っています。東北の地 方に住んでいるので求人情報があるかどうかも心配です。
地方でも求人サイトを利用して就職できるものでしょうか?
経験談でもいいのでどうか教えて下さい、お願いします。

育児のために看護師の職を離れ、数年後に復職したいという例は多く「マイナビ看護師」は「潜在看護師」といわれるこれらの方々と職場への架け橋となるに力を入れています。


・救急、災害医療を学びたく就活中です。慢性期ばかりの経験で年齢も今年32歳です。
二つ候補があります。

一つは赤十字病院でもう一つは災害医療センター

個人的に赤十字の救急法指導員として赤十字には馴染みもあります。
災害医療センターは
普段は3次救急機関であり災害拠点でもあります。非常に厳しい環境ですが学ぶ場所としては整ってます。
私としては、どちらに置いても魅力な医療機関で、最終的には有事の際、救護として活動したいです。
DMATもありますがこだわりません。
救急、災害医療に関しては震災をきっかけに関心を抱きました。

どちらがベストなのかアドバイス頂きたく相談しました。


特殊な例と思われがちですが、震災の影響もあり、こういった方はとても多くいらっしゃいます。
しかし、いかんせん情報は隠れているのでこのように相談してもなかなか決断に至るまでの情報は集まりにくいかと思います。
「マイナビ看護師」に登録して、コンサルタントに頼めば詳しく調べてくれるはずです。もちろん無料で。


・30歳看護師、男性です。
以前の職場を退職後求人情報で捜しましたが、ケアマネの募集があっても女性がいいと、断られてしまいます。
やはり、利用者の方も女性がいいと思うのでしょうか…
男性には不利な仕事なのでしょうか…

男性の看護師は、ここ数年で急増しました。その割にはこういった今までの先入観から、募集は女性のみと言うところがあるのも事実です。
「マイナビ看護師」ならば男性看護師の採用をを公に公表していなくても実際は採用してくれる病院を調べてくれますので
ぜひご活用していただきたいです。



最後に
個人の返答の中には、転職歴を持つ方も多く興味深い回答を寄せていますのでご参考に。



・現役の看護師です。転職経験は2回あります。
1回目は家庭の事情で引越しを余儀なくされたこと、
2回目は、相談者さんと同じような感じで、いじめにあったからです。

どちらの転職のときにも、自分ではどうすればいいかわからなかったので転職サイトを活用しました。

いろいろあって迷ったので、私はランキングが書かれたサイトを参考にさせてもらいましたが
私はランキングをそのまま信じて、上から3つに申し込みました。「ナース人材バンク」と「ナースではたらこ」と「マイナビ看護師」です。
偶然3つとも女性の担当だったのですが、とても感じよく、親身になってくれて助かった記憶があります。


「マイナビ看護師」はいろいろなシュチュエーションで、時には親身になって一緒に捜してくれ、交渉も行ってくれますし
情報だけを欲しいのであればそういう使い方もできます。
いずれにしても、例え今すぐ転職に踏み切るつもりがなくても登録だけしておけばいいのです。


↓登録はこちらからどうぞ↓







 

サイトマップ

体力に自信あります